冠婚葬祭における和服のバリエーション

冠婚葬祭の際、和服は年齢を問わず重宝します。
若い女性ですと、落ち着いて見えますので、冠婚葬祭の様に礼儀を重視する場所に相応しいスタイルになります。
お年を召した方は、背筋がしっかり伸びますので、若く礼儀正しい印象を与えます。
葬儀でしたら、お亡くなりになられた方の一親等にあたる女性は、和服で喪装することが望ましいです。
顔を知らない親族や、故人の友人、知人でも、血縁の濃い身内だと分かりやすくなります。
葬儀の様に慌ただしい中でも失礼が許されない場面では、身内であることを静かにアピールすることが可能です。
結婚式等、お祝いの場所では、和が見直されている現在ではとてもオシャレなファッションとなっています。
半衿や伊達襟を変えるだけで顔まわりの雰囲気が変わるので、1枚和服を持っていればバリエーションが広がります。
バッグや草履、帯締めなど小物を変えても新たなスタイルになりますので、年齢によって少しずつ年相応に変えていくのも素敵です。

6年間お子様が安心して使えるランドセルを萬勇鞄では製作しています

最新記事

  • 大きなイベントの中では様々な服装が登場します。
    それらはその場に適したスタイルが多くなっていま …

    詳細はコチラから!

  • ここ最近、少しずつではありますが、若い人の中で着物の人気が高まってきています。
    冠婚葬祭では和 …

    詳細はコチラから!

  • 冠婚葬祭の時以外も和服を着ないともったいないと思ったけれど、着物や浴衣を着るたびに美容室で着付けても …

    詳細はコチラから!